ファクタリングとはこんな資金調達方法だ

ファクタリングと言うのは、企業間で取引をされる。売掛金を売却し、キャッシュフローを改善させる方法となる。ファクタリングにはこれ以外にも使い道はあり、資金回収への不安を取り除く効果も非常に高いと巷では話題になっている。

都銀を初めとするファクタリング専門の会社があり、保証ファクタリングや国際ファクタリングなど様々なファクタリング取引が存在する。

しかし中小企業や零細企業向けのファクタリングと言うのは少し異なっており、単純に自社とファクタリング会社との間で売掛債権を売る2社間ファクタリングと、自社とファクタリング会社、取引先の3社間で行うファクタリングの2種類がある。

意味合いとしては約束手形に似ている部分があるが、取引先との契約通りの支払日で会社の資金繰りが良い場合は利用する必要もないかと思うが、少しでも早く現金化したいと思う経営者にはファクタリングは非常に都合の良い資金調達となる。

近年では、中小企業、零細企業を取り巻く環境は非常に厳しいため、少しでもキャッシュフローが悪くなることで経営不振にも繋がるほど資金繰りと言うのは重要になってくる。

それを改善するのがファクタリングという売掛債権の売却になる。このファクタリングを利用することにより、資金繰りの改善、取引先からの回収への心配、はたまた取引先の信用度合いがわかるようになる。

ファクタリングを利用する事による利点はこれだけではない。銀行などの金融機関からの借入れが出来ない場合、税金滞納、ブラック、債務超過など、こういう状況の会社でも売掛金さえあれば資金を調達する事ができる。

これはファクタリング会社によっても異なるが、手数料を支払う事で売掛債権を早期に回収するのと同じ事になる為、借りれという扱いではない。単純に先に入ってくるだろう売掛金を先に入金してもらうだけだからだ。

中小企業、零細企業では銀行などの金融機関からの融資枠もけして大きくはない。しかも取引先の倒産などで資金回収不能という状態になってしまったら、自社自体もかなりの打撃を受け、経営自体が困難になる事もある。

こうした事を防ぐ為にもファクタリングは多くの中小、零細企業に利用されるようになってきたのだ。

中小企業、零細企業と言うのは経営者自身が売上をあげる為に日々努力をしているものである。そこでキャッシュをすぐに作れるという手法を知っているだけでかなり気持ち的にも楽になる、と評判が良いファクタリング。

これからの資金調達には欠かせない取引となるのではないであろうか。