ファクタリングを上手に利用する方法

ファクタリングを利用する事で、自社は必要な資金によって債権を売却する事で売却した代金を受け取る事が出来る。この時点において、銀行の借入れ方法と違い、担保を請求される事がないので、債権の回収期日までに資金化できない売掛金や受取手形を期日前に資金化する事が可能となるのが最大のメリット。

これに加えて、ファクタリングは売上債権先の信用に関するリスクを債権譲渡先に転化するやり方があり、大手の企業であれば、多くの売上債権の管理回収といった業務の簡素化に利用する事も出来る。

しかし、自社がファクタリング会社に支払わなければならい手数料は、その一時的な介入要素が多く信用調査の限界からリスクを背負う分だけ割高になっている事が多い。これはどうしても仕方のない事か、と思うところだ。

ファクタリングを利用する際にかかるコストだが、まずファクタリング会社への手数料。その他には、割引料も必要になる。これはもちろん場合によって、という事だが。この割引料は債権回収期日前に現金化する、という為の利息みたいな感じで捉えることも出来るのではないか?

またすべての資金繰りをファクタリングでまかなおうとすると少し無理があると思う。その度に手数料を支払うため、本来の売掛金よりも少なくなってしまうからだ。

ファクタリングを上手に利用する方法としては、短期間なつなぎ資金の調達手段として利用する分には十分安全なシステムと言えるのではないであろうか。