タグ別アーカイブ: ファクタリング

ファクタリングの即日現金化は可能

ファクタリングを資金調達として利用する場合、少しでも早い段階で現金化をしたいと思う経営者もいることであろう。銀行などの融資では、最低でも1ヶ月ほどは現金化に時間がかかる。仮に審査に通ったとしてもだ。

日本政策金融公庫では借入れは比較的しやすいが、それでもすぐに書類を揃えて1ヶ月前後は時間がかかるのが通常の流れだ。

しかしここ数日以内にどうしても現金化をしなくてはならない状況も会社を経営していると出てくる。この時に現金がない事で、新しい売上を諦めないといけないかもしれないし、社員達への給料が支払えないケースも考えられる。 続きを読む ファクタリングの即日現金化は可能

リスク回避に利用するファクタリング

ファクタリングには、自社の売掛金の回収リスクを守る役目もある。やはり相手先の倒産や業績悪化などによる回収不能状態と言うのは気になる部分だろう。やはり何と言っても売掛金は回収して初めて自分たちの内部留保となるわけで、必ず回収する必要がある。

しかし、相手先の業績悪化によってなかなか返済できないというケースも現在の不景気もあり実際に多く起きている事実だ。ファクタリング会社は、そのような売掛金をはじめとする債権の回収を代行してくれる会社になる為、このファクタリング会社を通すことによって、売掛債権を確実に回収することが出来るようになるのである。 続きを読む リスク回避に利用するファクタリング

ファクタリングとはこんな資金調達方法だ

ファクタリングと言うのは、企業間で取引をされる。売掛金を売却し、キャッシュフローを改善させる方法となる。ファクタリングにはこれ以外にも使い道はあり、資金回収への不安を取り除く効果も非常に高いと巷では話題になっている。

都銀を初めとするファクタリング専門の会社があり、保証ファクタリングや国際ファクタリングなど様々なファクタリング取引が存在する。

しかし中小企業や零細企業向けのファクタリングと言うのは少し異なっており、単純に自社とファクタリング会社との間で売掛債権を売る2社間ファクタリングと、自社とファクタリング会社、取引先の3社間で行うファクタリングの2種類がある。

意味合いとしては約束手形に似ている部分があるが、取引先との契約通りの支払日で会社の資金繰りが良い場合は利用する必要もないかと思うが、少しでも早く現金化したいと思う経営者にはファクタリングは非常に都合の良い資金調達となる。 続きを読む ファクタリングとはこんな資金調達方法だ